• このエントリーをはてなブックマークに追加

Q:桐タンスのお手入れ方法を教えてください。

良くある質問 > 桐箪笥(たんす) >

Q:桐タンスのお手入れ方法を教えてください。
A:桐たんすは通常は乾いた柔らかい布で軽く(ほこりを落とす程度に)乾拭きしていただくことと、時々お部屋の通気を良くしていただく程度で特に特別なことをしていただく必要はありません。
桐たんすはトノコを塗装、ろう引き、防水加工をして仕上げてありますが、一般家具のように塗料等での塗装はしておりませんので水等の液体がかかってしまった場合はこすらず柔らかい紙等で水分を取り、そのまま乾かして下さい。(液体のかかった所はシミになって残ってしまいますが、修理をするには全体の洗いをしなければ直りません)
桐はとても柔らかい木ですので簡単に傷が付いてしまいます。傷が付いたときは全体を削り直さなければ直りません。

桐たんすは湿気を吸い込むことにより中の衣装を守ります。その為湿気を多く吸い込んだときは引出し等の動きが重くなることがあります。そんな時は、引出しの底等にロウを塗って滑りをよくしてご使用下さい。

桐たんすは防湿・防虫効果を持っていますが、永年お使いになるためになるべく風通しの良い場所、なるべく湿気の少ない場所でご使用下さい。(時々お部屋の通気をよくしてご使用下さい。)

冷暖房等の風が直接当たる場所、直射日光の当たる場所、ストーブ・加湿器付近でのご使用はおやめ下さい。

桐だんすは傷が付きやすく汚れやすい製品ですので、油単を使用されますと傷や汚れから桐だんすを守ることが出来ます。

桐だんすをご使用の際は本体に直接触れるのではなく、なるべく金具部分を触れてご使用下さい。
  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加