• このエントリーをはてなブックマークに追加

Q:唐木製品は高い物から安い物まで、何が違う?

良くある質問 > 唐木家具 >

Q:唐木製品は高い物から安い物まで、何が違う?
A:先日、一般のお客様から飾り棚の問い合わせがあったのですが、その時「飾り棚をデパートや家具屋さんに見に行くと、100万円以上する物も有れば10万円以下のものも有る。 
同じように見えるのに何が違うんですか?」と言う質問をされました。そこで今回は、100万円以上もする商品と10万円以下の商品、同じ位の大きさ同じ材質なのになぜそんなに違うのか?について書きたいと思います。
簡単にいえば、100万円する物は国産品で、10万円の物は輸入商品なのです。

それでは、国産品と輸入品はどこが違うのでしょうかもちろん人件費の違いもありますが・・・・・

文字通り国産品は、日本の国内で唐木の技法を拾得した職人が熟練の技を駆使し、最高の材料を選定し、少人数で(1人で作っている職人も多いです)2~3ヶ月かけて作っています。

輸入品は現在、ベトナム、中国、インドネシア等で作られていることが多く、多人数が分業で作っています。
 
海外の職人は、唐木の古来の伝統的な技法を拾得した者ではないので、材料を見る目、仕上がり状態をチェックする目など、いろいろな点で日本の職人に劣っていると言えるでしょう。

と言っても、「輸入品がむちゃくちゃな品物だ」とゆうことではないのですが、私たちのように毎日唐木を扱っている者からみれば、日本人特有の几帳面な性格の人が作った商品は材料、組立、仕上げなどどこを見ても輸入品とは全然違うのです。

最後に違いの具体例を一つあげておきます。それは仕上げの仕方の違いです。

輸入商品は磨き(ペーパーかけ)の手間を省くためにウレタン塗料を塗りその上にうるしを塗り重ねて仕上げてあります。(一見、こちらの方が光って見えます)

一方国産品は1000番・1200番とゆうかなり細かい番手のペーパーまで何段階も磨き木地を十分磨いた上からうるを塗り、トノコで磨き木自体を光らせています。

このように仕上げれば塗料とは違うしっとりとした艶が出て磨けば磨くほどより一層すばらしい艶が出てくるようになります。

例を挙げればたくさん国産品が細かいところまで丁寧に、綺麗に作っているかとゆう点は有ります。以上のようなことで、値段の高い商品と値段の安い商品の違いが出てくるのです。

簡単に書きましたが理解していただけたでしょうか?
  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加