• このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどの木がそうであるように桐材も湿度により膨張・収縮します。梅雨の時期や夏は湿度が高い為、木が膨張し引き出しの動きが少し堅くなり、外の湿気が入りにくくなります。

逆に秋・冬の湿度の低い季節は木が収縮して引き出しの動きが軽くなり乾いた空気が中に入りやすくなります。ですから桐たんすは中の衣装を湿気から守ることができるのです。日本のように季節の変化の有る所にはぴったりのタンスなのです。

マンションなど結露のおこりやすい住宅には特にお薦めです。

汚れたり傷の付いた桐箪笥やお母さん・お婆さんの使っていた桐箪笥を洗い・修理・再生しませんか?

最近、「桐タンスに発生したカビを綺麗にしてほしい」との依頼が増えてきております。

それもほとんどの場合が綺麗に再生できますので一度お問い合わせ下さい。

親子2代、、桐たんす専門の職人が責任を持って再生いたします。

お見積は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

mizuno.jpg

桐箪笥の洗い 修理 再生をしてもらっている職人さんです。

お父さんの代から桐箪笥の洗い一筋です。

年間100棹以上再生します。