• このエントリーをはてなブックマークに追加

桐箪笥洗い修理ー昇り箪笥

修理事例 > 桐タンス洗い・再生 >

桐箪笥(昇り箪笥)の修理洗い


桐箪笥の洗い修理をさせていただいたのですが、通常の桐箪笥のとの粉仕上げの場合は

汚れに気をつけなければならないので汚れない様にして欲しいとのご依頼でした。

オイル仕上げだととの粉仕上げの様な白っぽい色にならないのが嫌だということでしたので

ウレタン塗料のオープン仕上げにすることにしました。

オープン仕上げとは木の導管を埋めてしまわない目はじき塗装のことです。

ウレタン塗料を通常の塗装の仕方をするとある程度導管は塗料で埋まってしまいます。

そうすると塗装をした感じがよくわかってしまいます。

導管を埋めてしまう様な塗装をしてしまうと桐たんすの通常のとの粉仕上げの様な感じにはならないので

導管が埋まらず、全くツヤがなく、一見は通常の桐箪笥のとの粉仕上げの様に見える様に仕上げました。


最近は従来の桐たんすの仕上げであるとの粉を塗ってロー仕上げでは汚れがつきにくかったり

他の家具と感じが違ってしまうとのことで、オイル仕上げやウレタン塗装、

ウレタン塗装のオープン仕上げで仕上げさせていただくことが増えてきております。


桐たんすの洗いをご希望で従来の様なとの粉仕上げ以外をご希望の方はお気軽にご相談下さい。


kiri27-3.jpg

  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加